鼻 ぶつぶつ

小鼻の黒いぶつぶつの原因

小鼻の黒いぶつぶつの原因
小鼻の黒ずみは、毛穴のつまりが原因となります。角栓は角栓とも呼びますが、それが発生するのは汚れてつまることが原因です。これには白い色と黒い色があります。

黒ずみは黒いほうですが、黒くなるのは皮膚の酸化によりメラニン生成が起きて黒く変色します。小鼻が黒くなると、すごく見た目が汚く見えてしまいます。スキンケア不足や洗顔ケアのし過ぎ、生活習慣の乱れなどが原因となることが多いです。

洗顔をするときには、最低限の皮脂を残すようにすることが望ましいとされます。皮脂を取りすぎると、よけいに皮膚が皮脂を分泌しようとします。その結果として皮脂が詰まりやすくなってしまい、角栓をつくってしまうことにもなるためです。

毛穴に対する正しい知識を身につけて改善しておくようにしましょう。

小鼻の角栓の正体は?

小鼻の角栓の正体は、酸化した皮脂や古い角質、さまざまな汚れ等が毛穴に詰まって固まったものです。

それによって毛穴が大きくなり、凹凸も目立つようになり、影ができてぶつぶつした黒ずみに見えるようになります。そうなるのを防ぐには、スキンケアをしっかりとおこなうことが大事です。

ごしごしブラシなどで肌をこすったり、毛穴パックを使うのは、かえって肌に良くありません。

正しいスキンケアとは、一にも二にも保湿です。洗顔後はすぐ化粧水をつけ、その上に美容液か保湿クリームを塗って、水分の蒸発を防ぐことです。

生活習慣を改善し、肌のターンオーバーがきちんとおこなわれるようにすることも大事です。古い角質が取り除かれるときに、汚れも剥がれ落ちます。鼻ぶつぶつ隊 | 鼻の黒いぶつぶつを綺麗に治す方法にも参考になる情報が載っています。

小鼻のぶつぶつを悪化させる間違った対処法

気になる小鼻の黒ずみですが、取り除こうとして、逆に黒ずみを悪化させてはいませんか?意外と知られていない、小鼻の黒ずみにNGな習慣をご紹介します。

まず1つ目が毛穴パックの多用です。鼻にパックし、はがすことで、角栓を取り除くという仕組みですが、毛穴の形状によっては、取り除くのが難しいケースがあるばかりか、肌を傷つけ、逆に悪化させてしまうことがあります。

また、油分の多いメイク落としで、鼻を何度もマッサージするやり方も、要注意で、メイクの成分が毛穴に詰まってしまう可能性があります。

また、素手で角栓を押し出すのは最もやってはいけない行為とされ、押し出すことで毛穴が広がったり、傷ついたりしてしまうでしょう。

ピーリングによる方法もありますが、肌質によっては、肌のキメを壊し、乾燥肌、油分の増加、毛穴のつまり、黒ずみに繋がる可能性がありますので、回数や方法を守って行う必要があります。

小鼻のぶつぶつを取る方法

小鼻の黒ずみを取るには、普段から鼻を触らないようにすることです。触り過ぎによって、肌は刺激を受け、傷つきやすくなり、メラニン色素が集まってくることがあります。

また、正しいスキンケアによって、保湿を心掛けることです。肌が乾燥すると、それを防ごうとして、必要以上に毛穴から皮脂が分泌されてしまうからです。

また、不規則な生活は改め、肌のターンオーバーを正常化させることも大事です。新陳代謝によって、黒ずんだ肌を新しい肌に生まれ変わらせることです。古くなってカチカチになっていた角質も、柔らかく新しい肌に代わります。

これが28日周期でしっかりとおこなわれるよう、規則正しい生活を送ることが、たいへんに大事です。

オリーブオイルを使って鼻のぶつぶつを除去する方法

オリーブオイルを使って鼻のぶつぶつを除去
できてしまった小鼻の黒ずみ。この正体は毛穴に詰まった皮脂です。これを取り去るために肌に極力負担をかけない方法を試してみましょう。

オリーブオイルを手のひらで温めながら花にやさしく塗っていきます。くるくるとマッサージをするように塗ると浸透しやすくなります。

ラップをかけてから蒸しタオルを当てると毛穴が開くのでおすすめです。10分ほど放置した後、綿棒を使って優しく毛穴に詰まった皮脂を押し出します。

無理に力を入れないようにやさしくなでるように動かすのがポイントです。オイルをぬるま湯で洗い落とし、毛穴を引き締めるために冷たいタオルや冷水で冷やします。

たっぷりと保湿をして終了です。月に2,3回のケアをしてクリアな毛穴を目指しましょう。

ニベアとオロナインは鼻のぶつぶつに有効?

毛穴の黒ずみは、しっかりとクレンジングや洗顔をしていても徐々にたまっていき、パックをしてもすぐにまた角栓ができしまうといった悩みを持つ方は男女問わず多いため、角栓対策に様々な化粧品が販売されています。

色々な化粧品を試しても効果が見られない、という方はオロナインパックをしてみてはいかがでしょうか。

オロナインは一家に一つは用意されていることの多い、古くから使われている常備薬です。

使い方は鼻の黒ずみ部分に塗ってラップするだけですので、肌の負担になることもありませんし簡単です。オロナインに含まれている油分が毛穴の汚れを浮き上がらせるのに役立ちますし、炎症を抑えるスキンケア効果もあります。

同様の効果を期待できる化粧品として、ニベアもあります。

いちご鼻ってなに?赤いぶつぶつ?

赤いぶつぶつのいちご鼻
いちご鼻とは、鼻の表面に黒いぶつぶつができる症状のことです。

このような表現がされる理由は、肌に凸凹が出来ているように見える状態が果物のいちごの表面のように見えるからです。

毛穴に入った皮脂や古い角質が酸化して角栓になり、毛穴が広がって皮膚の表面がぶつぶつになることで起る現象で、肌の皮脂による影響やメイクの油分等が原因と考えられています。

対策としては、毛穴パックの使用や指で押し出すことで毛穴に詰まった角栓を除去する方法が有効です。

ただし過剰にやりすぎると、肌に悪影響を与えたり分泌の異常を誘発する事になるので注意が必要です。

対策を行なった後は、保湿や毛穴を引き締める処置を行い再発しないように肌を保護する必要があります。

ぶつぶつしたいちご鼻を綺麗に治す方法

いちご鼻は、小鼻に黒ずみがたまっている状態です。インナードライになっており、ターンオーバーが異常になっています。

正常化して、古い角質がなくなり、余分な皮脂が出ないようにしてください。また、メラニン対策も必要です。紫外線によって、黒い点々ができることもあります。正しいスキンケアで改善しましょう。

保湿に力を入れてください。美白もすれば、紫外線でできた黒ずみは消えるでしょう。

角栓ケアが必要な人もいれば、メラニン対策が必要な人もいます。

鼻を触ってみてください。ざらつきがある人は、角栓があります。皮脂のベタつきもあれば確実に角栓ケアが必要です。自分のいちご鼻の原因を把握して、正しい対処法を行ってください。

ぶつぶつしたいちご鼻が治らない原因

酸化した皮脂や毛穴の汚れや古い角質が混ざり合ってできた角栓の毛穴詰まりによるいちご鼻に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。

いちご鼻がなかなか治らない原因として、角質のバリア機能の低下によるターンオーバーの乱れがあります。

ターンオーバーが乱れると肌細胞の再生スピードが遅くなってしまい治るのにも時間がかかるというメカニズムです。乱れが改善されて正常化されると肌細胞の再生が28日周期となりスムーズに肌が新しく生まれ変わりいちご鼻の治りも早くなります。

そのために積極的にすべきこととしては、生活習慣の改善と徹底的な保湿ケアです。

健康的で規則正しい生活習慣を身につけて体の内側から働きかけることと、化粧品による保湿ケアで体の外側から働きかけるというダブルのケアで健やかな肌環境に導くことができます。

男の毛穴のぶつぶつの原因と対策

男の毛穴のぶつぶつ対策
男性は女性よりも男性ホルモンの分泌量が多いため、皮脂分泌が過剰になりやすいです。

皮脂の分泌量がおおいと、皮脂詰まりが頻繁に起こり、メラニンの影響も重なって毛穴の黒ずみの原因となります。

男の毛穴の黒ずみは、様々な原因により発生します。汚れが原因の場合は、洗顔をして毛穴の汚れをきれいに落とすことが大事です。

男性の中には、洗顔の時に顔を強くこすって洗う人がいますが、肌をこすると刺激でダメージを与えるので、優しく泡でなでるように洗います。

そして、洗顔後は保湿をしっかりとすることが大切です。肌が十分に潤っていると、新陳代謝も正常になり、健康な肌へと戻っていきます。健康な肌になれば、毛穴の開きも改善されることが多いです。

鼻のぶつぶつに効く正しいクレンジングの選び方

毛穴に詰まっている皮脂や汚れなどの酸化やメラニンの生成などが原因で黒ずみになってしまいますが、正しいクレンジングをすれば改善することが可能ですので、ぜひ試していただきたいところです。

メイク落としをする時にクレンジングオイルなどを使用なさる方が多いですが、クレンジングオイルには肌に良くない成分も含まれており、角栓ケアができません。

きめ細かい泡を作り出すことができるような石けん、洗顔料を使用するようにすれば、クレンジング剤よりも角栓ケアできるようになりますし、肌への負担も軽減することができるので、できれば石けんか洗顔料を使ってみてください。

その際には自分の肌に合うタイプの石けん、洗顔料をチョイスすることが大切です。

鼻のぶつぶつに効く正しいクレンジング方法

鼻のぶつぶつに効くクレンジング方法
鼻の黒ずみは、日頃のクレンジングの仕方次第で、改善できる場合があります。

今回は、その洗顔方法をご紹介します。

まず、洗顔前には必ず手を洗うことが大切です。爪の間も忘れず、しっかりと洗いましょう。

次に、お湯などで人肌程度に温めた蒸しタオルを鼻に当て、毛穴を開きます。そして、適量の洗顔料をネットなどを使って、しっかりと泡立ててから肌に乗せます。アルカリ性の洗顔料がおすすめです。

泡を毛穴に押し付ける様にして洗います。この時の洗顔時間は、2分以内を目安に行って下さい。

洗い終わったら、洗顔時間の2~3倍の時間をかけてすすぎます。最後に、ビタミンCの入った化粧水を軽く叩き込む様にして馴染ませ、肌を引き締めます。

1度では効果は現れにくいですが、継続すると違いが実感出来るようになりますので、根気強く続けてみましょう。

クレンジング後の鼻のぶつぶつ対策

毛穴の黒ずみ対策には、洗顔後のケアがとても重要です。まず、何よりもすぐに化粧水で肌に水分を与えるようにしましょう。

肌から水分が蒸発してしまう前にフタをすることが大切なのです。また、この時にパッティングしないことや肌に押し付けるようにして化粧水を使わないことも大切なポイントです。

肌に余計な刺激を与えてしまうと、防衛のためにメラニン色素が生成され、黒ずみの原因となり得るからです。

毛穴引き締め効果を期待して、冷水でパッティングする方もいますが冷水パッティングはしないようにしましょう。

一時的に毛穴が締まるだけで、すぐにまた開いてしまいます。化粧水と乳液できちんと引き締めることが大切です。このようなポイントに気をつけて、スキンケアを行いましょう。

鼻のぶつぶつを予防する食生活とは

鼻のぶつぶつを予防する食生活
鼻の黒ずみを予防するには、洗顔や基礎化粧品などで外側からケアすることも大切ですが、食生活も重要なことはご存知でしょうか。

黒ずみを予防する食生活とは、まず、よく噛むことです。

噛まずに食べると、体内で活性酸素が発生し、皮膚を酸化させ、角栓ができやすい環境を作ってしまいます。最低でも、30回はしっかり噛むようにし、活性酸素の発生を抑えるよう努力しましょう。

また、抗酸化作用のある食べ物を、積極的に摂取するよう心掛けることも大切です。脂っこい食べ物、アルコールはできるだけ控えるのが賢明です。

また、外食もできるだけ控え、バランスのとれた食事を自分で作るようにするのが、鼻の黒ずみを予防とするカギとなります。

毛穴を詰まらせないためには

毛穴を詰まらせないための生活習慣
毛穴の詰まりを防ぐには、スキンケアや洗顔だけでなく、生活習慣も重要です。

まずは睡眠です。肌のターンオーバーを活性化するには夜の10時から深夜2時まではしっかり睡眠をとると良いです。

次は適度な運動です。一駅前に降りて、歩くのもいいですね。なかなか時間が取れない方は、家でも手軽にできるダンスなどはいかがでしょうか。楽しむ運動はストレス解消にも役立ち、ストレスフリーな生活は美容に効果的です。

他には飲酒をすると、血行がよくなり毛穴が開いてしまいます。また、飲酒により、利尿作用が促されることで身体の水分が奪われ、結果として肌の乾燥がトラブルを招きます。

タバコも毛穴が開き、黒ずみなどを誘発します。もちろん、毛穴だけでなく、シミ、シワ、乾燥など良いことは一つもありません。 やめるか控えるかをして生活習慣から改善していきましょう。

↑ PAGE TOP